政治・経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/11/03(日) 12:06:29.88 ID:pcVuAZPV9
    https://snjpn.net/archives/165466
    中村幸也さんのツイート

    れいわ新選組の山本太郎さんとお会いして来ました

    no title


    (略)

    引用元: ・【パヨク】ゆたぼんのパパ「山本太郎さんとお会いして来ました」 ネット「日本の底辺ビジネスコンビ」「子供を政治に使うなと

    ▶︎『【パヨク】ゆたぼんのパパ「山本太郎さんとお会いして来ました」 ネット「日本の底辺ビジネスコンビ」「子供を政治に使うなと 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/11/06(水) 18:52:16.53 ID:4tmOmiFM0

    引用元: ・N国立花の「マツコ・デラックス被害者の会株式会社」、出来上がる

    ▶︎『N国立花の「マツコ・デラックス被害者の会株式会社」、出来上がる 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: スタス ★ 2019/11/06(水) 18:47:44.22 ID:CPqQ81BE9
    【週刊文春】河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
    11/6(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00015259-bunshun-pol


    河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
    11/6(水) 16:00配信 文春オンライン
    河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
    法務大臣を辞任した河井克行衆院議員 ©共同通信社

    「週刊文春」(10月31日発売号)が報じた妻・案里氏の参院選における公選法違反疑惑を受けて、同日、法務大臣を辞任した河井克行衆院議員(56)。法相在任中に、悪質なスピード違反を秘書にさせていたことが新たに判明した。

    【写真】河井氏と事務所スタッフたちのLINE

     事件が起きたのは10月5日。河井氏は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、60キロオーバーの140キロで走行したという。

     50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかったというのだ。

     その決定的な証拠を「週刊文春」は新たに入手した。克行氏と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。そこには、10月5日の12時に〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉と記されていた。

     広島県警に聞くと、「個別の事案については回答を差し控えます。ただ、一般論として警護対象者が乗っている車が一時的に法定速度を上回る速度超過が疑われるような事があった場合は、秘書等を通じて是正を促すこともあります」と回答した。

     河井氏の事務所に一連の行為について聞いたが回答はなかった。

     今年3月には、麹町署の巡査が、警察官の交通違反を見逃したとして、犯人隠避容疑で書類送検されている。一般市民の違反については厳しく取り締まる一方、政治家の違反は見逃していたとすれば、警察への信頼を失墜させることになりそうだ。

     11月7日発売の「週刊文春」では、“あおり運転”を指示されたという河井氏の元運転手の詳細な証言や、公選法違反に絡み、二転三転するウグイス嬢の証言などを詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年11月14日号

    引用元: ・【上級無罪】#河井前法相の車、「一発免停」140キロで爆走→広島県警「庇いきれません。速度を落としてもらえないでしょうか?」逮捕せず

    ▶︎『【上級無罪】#河井前法相の車、「一発免停」140キロで爆走→広島県警「庇いきれません。速度を落としてもらえないでしょうか?」逮捕せず 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/11/06(水) 14:59:35.59 ID:u1AKSMXz0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000017-asahi-soci

    来年の東京五輪のマラソンと競歩の会場が札幌に決まったことで、道や札幌市に道内外から少なくとも
    400件以上の意見が寄せられていることがわかった。多くは移転に反対するものだという。

    札幌市の市民の声を聞く課には1日までに、メールなどで290件の意見が届いた。約8割が
    「東京はずっと準備してきた。市としては断るべきだ」といった反対の声だった。「恥知らず」といった誹謗(ひぼう)中傷や、
    同じ人から何通も送られてきたケースもあったという。東京開催を期待していた都民からの苦情も多かったという。

    道にも同日までに、100件以上の意見が寄せられた。こちらも「道の予算を使わないで」といった反対意見の方が多いという。

    札幌市の東京オリンピック・パラリンピック担当課の安田聡課長は「急な変更で、東京の人が納得できない気持ちはよくわかる。
    その思いも受け止め、素晴らしい大会にしていきたい」と話している

    引用元: ・【悲報】札幌「マラソンやるで」日本国民「辞退しろ、恥知らず」→400件殺到

    ▶︎『【悲報】札幌「マラソンやるで」日本国民「辞退しろ、恥知らず」→400件殺到 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/11/06(水) 12:24:05.89 ID:HjCtOr/c9
    首里城で起きた火災から6日目です。三連休も明け、これまで入ることができなくなっていた首里城の一部施設が開館しました。

    首里城スタッフ「はいたい、めんそーれ、ここから守礼門まで行けますよ~。」

    火災が起きて以降、首里城公園は臨時休園していましたが、三連休が明けたきょうから、一部の施設を開園しました。

    開館する施設は守礼門の手前にある「首里杜館(すいむいかん)」で、総合案内所やレストランなどがあり、駐車場ともつながっている場所です。また、駐車場も、これまで警察や消防の車両があって使えませんでしたが、きょうから利用できるようになっています。

    ただ、正殿をはじめとする城郭内の区域は、警察と消防による実況見分が続いていることから、入場できないままになっています。

    比嘉夏希記者「きょうから一部施設が一般開放され、守礼門手前にあるこちらの総合案内所や、首里杜館といった休憩施設が利用できるようになりました。ほんの少しですが、観光客や修学旅行生の姿が戻ってきました。」

    施設の一部で営業を再開したことで、琉装を体験する観光客の姿も見られました。

    首里城スタッフ「4、5日ずっと沈んでいると思うんで、今から頑張らないといけないという気持ち。」

    東京から来た観光客「焼け残っている部分を見て焼けちゃったんだなと思いました。早く建て直ってほしいなって思います。そしたらまた来たいです。」

    兵庫から来た観光客「心がすごい悲しい気持ちでいっぱいになりますよね。もう二度と(火災が)起きないような、立派な施設として復興してほしいなと思います。」

    船越記者「現在、立ち入りが制限されている奉神門のすぐそばに来ています。奉神門の屋根は焼け落ち、火災から6日経った今もわずかに焦げ臭いにおいが残っています。」

    県議団が首里城の火災現場を視察しました。

    新垣清涼県議「正殿に何もない状態ですので、残念です、悲しいです、むなしいです。こういうことが起こらないような体制づくりをやっていくべきでしょうね。」

    視察後、再建のためには与野党が結束する必要があるという認識を示しました。

    総務企画委員長・渡久地修県議「防火体制について今わかっている範囲でお答えください。」

    県議会の総務企画委員会では、防火対策が十分だったのかを検証しました。

    土木建築部・宜保勝参事「防火、消防設備が消防法等の法令を満たしたものであり、これらの設備は十分であると認識しておりました。しかしながら、延焼を食い止められなかったことは事実であり、これからの設備が適切であったかどうかを検証し、再建計画に生かしていきたいと考えております。」

    県側は、防火体制に問題はなかったという認識を示しました。

    仲田弘毅県議「スプリンクラーがもし設置されておれば、あのような状況は起こらなかったというふうに僕自身は考えているわけですが。消防法によって云々の問題ではないと思うんですね。」

    委員会で県側は、火元とみられる正殿には建物の内部に消火栓が6個、放水銃を4基水を噴射して幕をつくり火災を防ぐ「ドレンチャー」の吐き出し口74個を設置していたと説明しました。また、放水銃は当初5基あったものの、1基を取り除き代わりに消火栓を設置していました。

    実況見分はきょうで5日目。警察や消防50人態勢で行われました。現場ではがれきの撤去作業がほぼ終わっています。きょうは実況見分に関係者が立ち合っていて、原因究明に向け本格的な調査が進んで行くものとみられます。

    11/5(火) 20:03
    沖縄ニュースQAB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010002-qab-oki
    no title

    引用元: ・【首里城火災】沖縄県「防火体制に問題はなかった」

    ▶︎『【首里城火災】沖縄県「防火体制に問題はなかった」 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2019/11/05(火) 18:21:59.15 ID:/8TZXSZ49
    ioc
     
     マラソンと競歩の札幌開催が決まり、追加支出の分担について議論が本格化する。発生する新たな費用は東京都が負担しないことで関係者が合意したが、「どこが出すかは全くフラット」(組織委)の状況。時間が限られる中、今後の協議は難航も予想される。

     札幌開催により、東京・晴海の選手村を使うはずだった選手の宿泊費や輸送費、警備やボランティア確保にかかる人件費などの支出が見込まれる。東京のマラソンコースの警備費などは不要になるが、支出が会場変更前より膨らむことは避けられない。コースなど未確定な部分が多く、組織委は札幌開催時の経費をまだ試算できていない。

     国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は、札幌変更を主導した立場でありながら、IOCによる具体的な負担には踏み込まなかった。一方で、北海道や札幌市と協議を進める意向を示している。ある組織委幹部は、両自治体に負担を求めることについて「可能性としてはある」。協議次第では、地元が容易に受け入れない事態が起こり得る。

     多額の大会開催経費に厳しい目が向けられる中、組織委は運営を見直して抑制に努めてきた。昨年12月に公表した予算計画では都、国との3者で分担する総額を1兆3500億円に維持したが、新たな支出による膨張の懸念は強まりそうだ。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000020-jij-spo
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572903235/

    引用元: ・【東京五輪マラソン札幌開催】IOCは北海道・札幌市に負担要望か 組織委「どこが出すかは全くフラット」と他人事★7

    ▶︎『【東京五輪マラソン札幌開催】IOCは北海道・札幌市に負担要望か 組織委「どこが出すかは全くフラット」と他人事★7 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2019/11/04(月) 01:05:48.95 ID:2a8/L0of9
    2020年東京五輪のマラソン・競歩の札幌移転が決まったことを受け、札幌市の秋元克広市長と鈴木直道知事は1日、札幌開催で新たに生じる経費について「大会組織委員会の負担が基本」との認識で一致した。国際オリンピック委員会(IOC)は組織委と市、道と協議する意向を示しており、今後は費用面の協議が難航する可能性がある。

    秋元市長と鈴木知事は、同日に札幌市内で両自治体幹部の行政懇談会(道市懇)を開き、協議を行った。協議後の記者会見では、費用を巡り、17年に組織委や東京都が決めた「運営費は組織委や都が負担する」との大枠合意を基本とすることを強調。秋元市長は、コース整備で必要な道路補修に関し「五輪に関係なく毎年補修している」とし、市が費用負担する考えを示した。

    残り:190文字/全文:517文字
    https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/360825
    札幌市長「光栄に思う」 五輪マラソン札幌開催案
    no title

    https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20191017/k00/00m/050/098000c.amp
    ★1)2019/11/03(日) 11:57:20.57
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572788925/

    引用元: ・【光栄です】札幌市長・北海道知事「五輪マラソンの経費は大会組織委員会の負担で」IOC「みんなで協議しよう」★11

    ▶︎『【光栄です】札幌市長・北海道知事「五輪マラソンの経費は大会組織委員会の負担で」IOC「みんなで協議しよう」★11 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かに玉 ★ 2019/11/03(日) 01:49:24.50 ID:MlR7/MG19
    11/2(土) 16:35配信
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/1607340/

    得をしたのは誰か?

     国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会最終日の1日正午、IOCのジョン・コーツ調整委員長(69)、組織委の森喜朗会長(82)、小池百合子知事(67)、橋本聖子五輪相(55)ら各団体・組織の主要幹部が勢揃い。2020年東京五輪マラソン・競歩会場の移転問題で正式に札幌開催が決まったが、冒頭、コーツ委員長は「会場変更の決定権はIOCにある」「経費は東京都に負担させない」など合意事項を伝えた。

     小池氏は「会場変更の権限はIOCにある」「法的に勝つ可能性は少ない」とした上で「IOCが下した決断を妨げないというのが都の決断。あえて言うなら『合意なき決定』」と強調。欧州連合(EU)離脱問題で揺れる英国の「合意なき離脱」をパクって心情を表したが…。

    「小池さんにとっては悪くない流れじゃないかな」とは政界関係者。

     一連の騒動はIOCのトーマス・バッハ会長(65)と森会長が仕掛けたことで、小池氏に札幌移転の話が伝えられたころには外堀は埋められていた。

    「小池さんもハナから負け戦であることは分かっていたが、黙って引き下がっては都民の心は得られない。視線の先にあるのは来年の都知事選。そこで今回は悲劇のヒロインを演じた」(同)

     小池氏の“勝ちパターン”は巨大権力に立ち向かう構図になった時だ。

    以下ソースで
    ★1 2019/11/02(土) 18:09:03.04
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572696666/

    引用元: ・【五輪マラソン】「札幌」で小池都知事「指導力不足」批判されると思いきや“勝ちパターン”悲劇のヒロインに★3

    ▶︎『【五輪マラソン】「札幌」で小池都知事「指導力不足」批判されると思いきや“勝ちパターン”悲劇のヒロインに★3 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/11/03(日) 14:48:52.24 ID:LemqoChA0
    akmt

    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/360825

    >五輪マラソン経費は組織委で 札幌市長と知事一致

    これもう泥棒やろ…

    引用元: ・【悲報】北海道と札幌市さん「マラソンの費用を払いたくない!!」

    ▶︎『【悲報】北海道と札幌市さん「マラソンの費用を払いたくない!!」 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2019/11/02(土) 11:15:28.00 ID:ziEH2HSy9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191102-00590503-shincho-soci

    復興はまだ道半ば、と決まり文句のように言うけれど、これぞ抜き差しならぬ“残された大問題”ではなかろうか。
    自主避難を選択して福島を離れ、公的支援を受けて都内のタワマンに家賃を払わず期限を越えて暮らし続ける人々。
    彼らに対し県はこのたび、困り果てて法的手段に訴えたのだ。

    福島第一原発の事故後、避難指示区域でないエリアから自主避難した福島県民は一時、3万人を超えたという。
    その場合でも災害救助法の適用を受け、県内外の公営や民間の住宅に無償で住むことができた。

    無償期間は2017年3月末で打ち切られたが、一応は経過措置も講じられ、国家公務員宿舎で暮らす人々に限っては2年間、
    国家公務員と同額の家賃を支払えば居住の継続が可能となる支援策が採られもした。

    関係者が言う。

    「なかでも80世帯に及ぶ多くの自主避難者が住み続けたのが、東京都江東区の『東雲(しののめ)住宅』でした。
    36階建てのタワマンで、家賃は一番安くて1LDK(24平方メートル)1万7千円、高くて3LDK(68平方メートル)5万9千円。
    東雲は都内でも人気のエリアで、官舎でなければ3倍以上の家賃が相場ですから、金額としては格安でしたね」

    ただし、それはあくまで経過措置だった。当初予定の2年を過ぎた今年4月、入居者は約束に従って引っ越すはずだったのだが、

    「なお40世帯ほどが転居せず、うち5世帯は家賃の支払いも拒み、8年にわたって一円も払わず居座り続けています。
    そこで福島県議会は退去を求めて彼らを提訴する議案を可決したのです」(同)

    福島県生活拠点課の担当者が説明する。

    「退去期限を過ぎた今年4月以降も居続ける方に対しては7月、家賃の2倍に相当する“損害金”の支払いを求める請求書を送付しています。
    県が提訴するのは、経過期間含めて家賃を一度もお支払いにならず、我々との話し合いにも応じてくださらない5世帯です。
    家賃は県民の税金で賄われておりますので、放置するわけにいきませんでした」

    現実的に厳しい条件

    県側も提訴は望まぬことだったようで、

    「5世帯以外の方も経過期間が終わった以上、住宅を見つけて転居していただく必要があり、我々も東京で不動産業者と一緒に20回以上、
    相談会を開いてきました。しかしながら自主避難者の方から出てくる要望は“23区内で2LDKや3LDKで家賃6万円以内のところ”などといった、
    現実的には厳しい条件ばかりです。福島県内の復興公営住宅であれば、同じ間取りで2万円弱の物件もありますが……」

    もちろん、5世帯の側にもそれぞれ言い分や事情があろう。そこでオートロックのインターホン越しに話を聴こうとしたが、応答のあった3世帯はそれぞれ、

    「弁護士さんにすべてお任せしていますので……」

    「すいませんけど、失礼します」

    「お断りしまーす」

    といった按配。そうした中、居残ったある男性(58)はこんな胸中を口にした。

    「私は元々いわき市で働いていましたが、原発事故後に会社が潰れ、東京に出てきて就いた職場も半年で倒産したんです。
    その後、避難生活のストレスもあってか、心身のバランスを崩して働けなくなって、障害者手帳を取得しました。いまは貯金を切り崩しながら病院に通い、
    家賃の安い都営住宅の抽選に応募しているんですけど、8回連続で落ちてしまって。福島に戻っても仕事を見つけられそうにないし、病院が替わるのも不安でね……」

    県との協議については、

    「他の方はどうか知りませんが、私は必ず応じていたし、自分の体のことも何度も説明しました。なのに、まさか提訴されるとは夢にも思わなかったよ」

    一方、今年2月に東雲住宅を出て郷里に戻った男性(83)に思いを尋ねると、

    「東京に住んでいたときは、買い物に行くにも病院に行くにも交通機関が発達していて便利でしたよ。
    それでも故郷には、自分が見て育った田畑や山林やお墓もあって、捨てるわけにはいかないでしょ。こちらは高齢者ばかりで、ずいぶん人も減りました。
    若い人がもっと(東京から)帰ってくれば、昔のような活気ある町になるんじゃないかって期待してるんだけどねぇ」

    自主避難を選択した人々には、今回も「自主的に」地元に戻って復興に力を貸してほしい。それが県側の望みだというが、解決への道のりもまた半ばである。


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572651794/
    1が建った時刻:2019/11/02(土) 08:43:14.06

    引用元: ・【原発】タダで都内タワマンに住み続ける「福島原発避難者」を県が提訴、それぞれの言い分★2

    ▶︎『【原発】タダで都内タワマンに住み続ける「福島原発避難者」を県が提訴、それぞれの言い分★2 』の続きを読む >>>
                              

    このページのトップヘ