1: サーバル ★ 2019/11/18(月) 12:05:52.52 ID:GBvd83zx9
川崎市 ヘイトスピーチ禁じる条例案を公表
2019年11月15日 18時20分

ヘイトスピーチなどの差別的言動を禁じるため、全国で初めて罰則付きの条例の制定を目指す川崎市は、市の勧告や命令に従わず民族差別的な言動を繰り返した場合、最高で50万円の罰金を科すことなどを盛り込んだ条例案を、15日公表しました。

川崎市は、ことし6月にヘイトスピーチなどの差別的言動を禁じる条例の素案を示し、パブリックコメントの結果などを踏まえて修正したうえで、15日条例案を公表しました。

この中では、公共の場所での、日本以外の国や地域の出身者への差別的な言動を禁じていて、具体的には、住んでいる地域からの退去をあおることや、身体や自由、財産などに危害を加えると告知すること、それに人以外のものに例えるなどの著しい侮辱を禁止しています。

これに違反すると、市長が差別的言動をしないよう「勧告」や「命令」を行い、それでも従わず、命令から6か月以内に3回目の違反をした場合、個人の氏名や団体の名称、住所などを公表するほか、刑事告発して50万円以下の罰金を科すとしています。

素案では「勧告」や「命令」の前に専門家の審査会に意見を聞くとしていましたが、条例案では緊急時は必ずしも必要ないとされた一方、「公表」の前には審査会に聞くよう修正され、市では、迅速な対応と恣意的(しいてき)な判断の防止の両立を目指したとしています。

条例案は、今月下旬に開かれる市議会に提出される予定です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/k10012178941000.html

引用元: ・【武蔵小杉】川崎市がヘイトスピーチ禁止条例案 50万円の罰金

▶︎『【武蔵小杉】川崎市がヘイトスピーチ禁止条例案 50万円の罰金 』の続きを読む >>>