WHO

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 緑の人 ★ 2020/03/11(水) 12:04:21.38 ID:lar3vXM39
    米ジョンズ・ホプキンス大学によると、日本時間10日午前4時時点で、世界の感染者数は11万3千人を超え、死者は約4000人に達した。当初、中国以外の感染比率はわずか1%程度だったが、現在は約30%まで上昇した。特にイタリア、韓国、イランの3カ国で感染が急増している。テドロス氏は「とても多くの国が影響を受けている。時間の問題かもしれない」と語り、パンデミックが目前に迫ってきているとの認識を示した。

    一方で、ウイルスの封じ込めや影響の緩和策によって「制御できる」とも強調した。各国に感染者の隔離や感染経路の分析など、あらゆる対策を取るよう改めて求めた。行動が早ければ早いほど感染を防ぐ効果が高まるとして「あきらめないことが肝心だ。我々はウイルスとの闘いに勝利できる」と呼びかけた。

    WHOは日本やシンガポールなどは封じ込めに成功しているとし、「勇気づけられている」(緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏)と対策の成果を評価した。

    WHOによると、インフルエンザ以外では、パンデミックを宣言する公式な規定はない。今後、仮にWHOがパンデミックと表明しても、各国に何かが義務づけられるものではない。一般的に、いったんパンデミックになれば、それまでの封じ込め段階から緩和や対症療法が重要になるといわれる。ライアン氏はパンデミックになる条件として、国から国への感染が制御できない状態に到達していることをあげた。

    2020/3/10 2:30 (2020/3/10 4:33更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56596050Q0A310C2000000/

    引用元: ・【逆転】新型コロナ、WHO「日本やシンガポールなどは封じ込めに成功」「勇気づけられている」

    ▶︎『【逆転】新型コロナ、WHO「日本やシンガポールなどは封じ込めに成功」「勇気づけられている」』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV31,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/02/16(日)15:12:39 ID:???

     世界的な微生物学者フランク・プラマー(Frank Plummer)が2月4日、ケニアで行われた研究会に出席中に心臓発作で死亡した。
    享年67歳。彼はSARS・H1N1亜型・エボラウイルスの権威ある専門家だった。
    インドのメディアは「武漢肺炎が流行する中、恐らく彼の死因は単純ではない」と伝えている。
     英国BBC、カナダCBCなどの報道によると「プラマー氏の世界の公衆衛生への影響は莫大であり、中でもエイズ(HIV)の感染に対する
    革新的な研究において著名であり、さらにSARS、H1N1亜型、エボラウイルスの権威ある専門家でもあった。

     プラマー氏は2月4日、ケニアでマニトバ大学(University of Manitoba)とナイロビ大学(University of Nairobi)の共同研究による
    『エイズ撲滅協力40周年記念会議』へ出席中に死亡し、死因は心臓発作」と発表された。

     インドメディア『Great Game India』は、「プラマー氏はカナダのウィニペグで生まれ育ち、地元のNML(カナダ国立微生物学研究所)
    に勤務していた。又、以前SARSコロナウイルスを武漢ウイルス研究所に密輸した中国裔のウイルス専門家の邱香果氏(55歳)とプラマー氏とは同僚であった」と報じた。

     NMLはカナダで唯一のバイオセーフティーレベル4 (P4)実験室であり、SARS・エボラウイルス・コロナウイルスなど、世界で最も
    致命的な疾患に対処できる北米でも数少ない施設である。

     更に『Great Game India』は、「プラマー氏はHIVワクチンの研究に力を入れており、インドの科学者が最近、“武漢肺炎を引き起こす
    新型コロナウイルスにはHIVウイルスのような成分が注入されている”と発表したことに注目していた。そのため“新型コロナウイルスが
    人工的である”と疑っていた。
    インド政府はすでに『武漢ウイルス研究所』の調査を開始しており、プラマー氏は新型コロナウイルスが生物兵器であるかどうかを
    調査するための主要人物であった。

    https://www.visiontimesjp.com/?p=4587

    あの一瞬Twitterでも論文が出回った(何故かデマだデマだと騒ぐ奴多かったが)HIVがウイルスに入ってるの発見した立派なインド人科学者暗殺されたらしいですね。
    カナダのウイルス学者もアフリカで暗殺w ジャーナリストも打倒中共も皆んなバンバン消されてる。
    korr

    https://twitter.com/mei98862477/status/1228688843261349888?s=20


    ■関連スレ
    【武漢肺炎】『コロナウィルスは人工的に設計され「偶然ではない」かもしれない』とインドの科学者が示唆[R2/2/4]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580769894/

    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------

    引用元: ・【武漢肺炎/暗殺??】武漢肺炎ウイルス専門家突然死(HIVウイルスのような成分が注入されている”と発表した人物)[R 2/2/16]

    ▶︎『【武漢肺炎/暗殺??】武漢肺炎ウイルス専門家突然死(HIVウイルスのような成分が注入されている”と発表した人物)[R 2/2/16]』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/02/03(月) 09:47:48.93 ID:FXrif76s9
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020200250&g=soc
    2020年02月03日07時05分

    「正しく知り、正しく怖がって」 新型ウイルス、公的情報や専門家SNSで

    国内でも患者が増えている新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、インターネット上などで不確かな情報が飛び交っている。専門家は「正しく知り、正しく怖がって」と呼び掛けている。

    高度な設備を備えた第1種感染症指定医療機関の一つ、東京都立駒込病院で感染症科部長を務める今村顕史医師は「新しい感染症は分からないことが多い。個人が不安に思うのは当然だ」と認めた上で、「冷静に対応できる程度の情報を得て、正しく怖がってほしい」と求める。

    ウイルスの感染経路が、患者のせきやくしゃみのしぶきを吸い込むことによる「飛沫(ひまつ)感染」と、ウイルスが付いたドアノブなどを触った手を介する「接触感染」だと考えられていることを知れば、「症状のある人がマスクをすることや、手洗いの必要性が分かる」と語る。

    川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、インターネット上に不確かな情報やデマがあふれていると指摘し、厚生労働省や国立感染症研究所のホームページの信頼度が高いと勧める。岡部所長は「新聞も重要な情報源。見出しは単純に書かれているので本文も読んでほしい」と話す。

    近年はインターネット上で情報発信する専門家が増えており、今村医師もフェイスブックとツイッターで日々情報を伝える。中国・武漢市からチャーター機で帰国した人の検査を引き受ける国立国際医療研究センターの忽那賢志医師も、インターネットメディアで連載している。

    ★1が立った時間 2020/02/03(月) 07:49:54.89
    前スレ
    【新型肺炎】ネットのデマに注意❗専門家「正しく知り、正しく怖がって」SNSなどで不確かな情報が飛び交う
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580683794/

    引用元: ・【新型肺炎】ネットのデマに注意❗専門家「正しく知り、正しく怖がって」SNSなどで不確かな情報が飛び交う ★2

    ▶︎『【新型肺炎】ネットのデマに注意❗専門家「正しく知り、正しく怖がって」SNSなどで不確かな情報が飛び交う ★2』の続きを読む >>>
                              

    このページのトップヘ